本文へスキップします。

【全?企日?PC】ヘッドリンク
【全?企日?PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全?企日】メガメニュー
【全?企日?SP】ヘッドリンク
【全?企日?SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参?企日?環境】カテゴリタイトル

社会

ページタイトル

教育(環境?保健)

コンテンツ

王子の森?自然学校

王子ホールディングスが2004年から公益社団法人日本環境教育フォーラムと協働で開催している、「王子の森?自然学校」は王子グループの社有林と工場を活用した、子ども向けの自然体験型環境教育プログラムです。子ども達は紙すき体験や社有林での間伐?植林作業体験、製紙工場見学などのプログラムを通し、「森?人?産業の関わり」について理解を深め、人が手入れをすることで健全な森が保てること、その森が水を生み、森の恵みで私達の生活や産業の発展があることを実体験として学びます。各開催地の自然の特徴を活かした独自のプログラムは、王子グループの環境保全に対する姿勢や思いを次世代へと繋ぐ貴重な機会となっています。

   
間伐体験(富士マテリア校)  工場見学(富士マテリア校)

募集要項等、詳細については下記のサイトをご覧ください。

公益社団法人日本環境教育フォーラムHP

「森林絵本コンテスト」「環境授業」

王子ホールディングスは2015年から公益財団法人WWFジャパンと協働で「森林絵本コンテスト※」を行っています。子ども達の絵本作成のきっかけをつくるため、環境授業として王子グループの持続可能な森林経営について子ども達に伝えています。その後、子ども達は、環境について自ら学び絵本を作成。優秀作品を日本最大の環境展示会「エコプロ」の来場者へ紹介しています。生徒、先生、保護者をはじめ、エコプロ来場者からも高い評価を受けています。

※WWFジャパン 森林えほんコンテストHP

環境授業の様子 エコプロでの優秀作品の展示

森林を守り育て、豊かな海へ

2019 年5月22日、第69 回王子製紙苫小牧工場植樹祭が苫小牧高丘の王子山の社有林にて開催されました。本植樹祭は 1950年から「森林を守り育てることが豊かな海につながる」という考えのもと実施され、1995 年からは苫小牧漁業協同組合と共同開催しています。
工場従業員および関係者、漁業協同組合、生活協同組合、苫小牧駅前商店街振興組合、室蘭開発建設部苫小牧河川事務所に加え、2018年は苫小牧市環境基本計画推進の一環とし て苫小牧市環境保全課の職員など総勢約100 名が参加し、2015年10月の強風で被害を受けた0.65 ヘクタールの敷地にアカマツ500 本とミズナラ650 本の計1,150 本の苗木を植樹しました。
植樹した苗木が立派に成長することを願い、今後も見守り続けていきます。




苗木を植樹する様子 苗木

地域に根ざした活動

今日では王子グループ全体の植林面積は25万haにのぼります。植林事業をこれまで継続するには、事業の経済性だけではなく、地域の環境や社会との持続的な共生関係が重要になります。このため、植林事業会社では地域の特性にあわせた様々な環境や社会支援活動を実施しております。
例えば、絶滅危惧種や貴重種の生物多様性保全活動、医療や教育等の公的サービスへのアクセスが困難な地域における健康診断や診療所の開放、緊急時の搬送支援といった医療活動支援や保育園や学校への施設補修等の教育支援を行っています。

王子グループの取り組み(生物多様性保全)



園周りに柵を設置したベトナムの保育園 僻地への医師団派遣

洪水により流された橋を再建設

CENIBRAの社会貢献活動

ブラジルにある連結子会社のCENIBRAでは、原木?チップの調達?加工?販売、パルプの製造?販売を行っています。CENIBRAは、農地に適した保有地の貸与による農業従事者の所得向上支援、地域の養蜂家とのパートナーシップ締結、医師不在地域へ医師、教師、床屋などを派遣し、地域の人々に健康診断、社会教育、散髪などの機会提供といった様々な活動を通じて、地域社会に貢献しています。

セニブラの保有地内で養蜂活動を行う養蜂家 地域コミュニティの健康の促進に取り組む看護師
黑粗硬大欧美在线视频-黑粗硬大超爽视频