本文へスキップします。

【全?企日?PC】ヘッドリンク
【全?企日?PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全?企日】メガメニュー
【全?企日?SP】ヘッドリンク
【全?企日?SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参?企日?環境】カテゴリタイトル
ページタイトル

国内の社有林状況

コンテンツ
北海道から九州まで全国約650ヶ所に広がる社有林。その広さは大阪府と肩を並べる19万ha。その森を守ることは、日本の豊かな自然と国土を守ることに繋がります。

国内の社有林状況

王子グループは、日本国内に民間では最大規模となる19万haの社有林を所有、管理しています。当初、社有林は製紙原料の生産を目的としましたが、その後は製材用原木の育成?森林経営による環境貢献へと方針を変更しました。
現在、国内社有林の人工林(植林地)は全社有林の41%にあたる約8万haで、北海道ではトドマツ、カラマツ等、本州以南で はスギ、ヒノキ等を植林しており、その平均樹齢はおよそ60年生になり、主伐期を迎えています。王子グループでは主伐期を迎えた森林資源の活用(森林の若返りを図るための主伐と再植林)を行いながら間伐などの保育作業(次世代への資源の充実)にも継続的に取り組み、持続的な森林経営を行っています。






人工林(北海道?遠軽山林) 天然林(北海道?留辺蘂(るべしべ)山林)

人工林(北海道?遠軽山林)

天然林(北海道?留辺蘂(るべしべ)山林)

森林認証SGECを取得

SGEC(※1)森林認証とは、一般社団法人緑の循環認証会議 (SGEC)が運用する日本独自の森林認証(※2)です。王子 グループでは、2003年12月に静岡県上稲子山林から SGEC森林認証の取得を開始しました。現在、分収林を 除く国内社有林330山林、総計173千haで取得して おり、国内の民間企業では最大の森林認証面積となっています。SGECは2016年度に国際団体であるPEFC(※3)との相互認証を調印し、国際的に通用する認証制度となり ました。

※1 SGEC Sustainable Green Ecosystem Council
※2 森林認証
持続可能な森林経営を目指し、森林が基準通り良好に管理されていることを、独立した第三者機関が審査、認証すること。
※3 PEFC Programme for the Endorsement of Forest Certification


持続可能な森林経営と社会?環境への貢献

森林は、私達の生活と深くかかわっています。豊かな日本の森林は、活用しながら保全を図ることが重要です。
王子グループは、山元の林業経営者から木材利用者までの連携が必要と考え、グループ内外に製材、合板、製紙、バイオマス燃料等の原材料を提供し、日本林業の再生、国産材の安定供給に取り組んでいます。
また、森林を保有する企業の社会的な責任として、環境面での貢献に十分な配慮をしながら森林経営を行い、絶滅危惧種であるイトウやヤイロチョウ等の保護活動への支援、「王子の森?自然学校」の開催等、森林のさまざまな機能を発揮するための取り組みを行っています。

教育(環境?保健)

外部団体との協働(生物多様性保全)


 


SGEC認証審査風景 美作山林(岡山県) 上稲子山林(静岡県)

SGEC認証審査風景 美作山林(岡山県)

上稲子山林(静岡県)


黑粗硬大欧美在线视频-黑粗硬大超爽视频